坐骨神経痛かどうか自分で判断するのは難しい

坐骨神経痛はというと、複数の症状が出てくるという一面がありますので、自分がそうであるか否かを判断するのはたやすくないとされています。
坐骨神経痛に該当する症状は多いので、判断基準と比べて自分が発症しているかどうかを明らかにしましょう。
坐骨神経痛に通じる部分がないと思う項目もありますが、神経が下半身全体に伸びているので以下の症状が見られるのです。
お尻から足にいたるまでが痛む・背中に痛みを感じたことがある・腰の痛みが治まらなかったことがある・便秘の症状が治まらないといったことはあるでしょうか。
以上のようなことはいつもの生活でも普通にあることですが、該当する場合は坐骨神経性発症の恐れがあります。
さらに、限られた動作をしたときに痛みが走ることがありますが、それもチェックの対象になります。
重さのあるものを持ち上げた際に、お尻部分が痛くなったことはないでしょうか。
立ったり座ったりという姿勢が長時間に及ぶと腰痛の症状を招いたり、長い時間歩くとその後背中や腰に痛みを感じた経験はありませんか。
寝ている最中に腰や背中の痛みが引き起こされて、異なる姿勢をとったことはないでしょうか。
それ以外に、朝起きて腰や背中に痛みが引き起こされることはないでしょうか。
咳やくしゃみをした場合に、腰や背中に痛みが引き起こされたり、疲労が溜まってくると足がかなり痛んだりしないでしょうか。
こうしたチェック項目を確認すると、坐骨神経痛というのは、多くの人が経験したことがある痛みであったり不快感であったりします。
不快感が長期化しているのに、専門医などで診察を受けた経験がない人は、まずは相談してみることをおすすめします。